topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんななの? - 2013.02.26 Tue

いつも文太ブログを応援して下さり有り難う御座います・・・文太パパです。

先週の水曜日・・山遊びから帰宅し・・シャンプーをして、いつものご飯を食べてから・・文太の様子がおかしく成りました。

自分のベッドの上を何度も何度も行ったり来たり・・寝るポジションが定まらず、落ち着かない様子です。

何時間もトイレには行かず・・お腹を触るとパンパンに張ってる感じがします。

食べ慣れないボイルしたスジ肉が消化不良に成ってるのかな・・色々な事を考えてみましたが、特別思い当たる節は有りません。




0226001.jpg



中々寝付けないまま・・翌朝に成りましたが、御飯も水も受け付けず・・トイレにも行きません。

呼吸音がいつもより大きく・・ダルそうです。

夕方仕事から妻が帰宅しても・・御飯もそのまま・・トイレも奇麗なまま・・病院に連れて行きました。

妻の車の助手席は・・いつも文太がお漏らしする場所・・24時間分のオシッコをお漏らし・・やっとオシッコが出ました。

丈夫な文太・・一年二カ月振りの病院で、去勢手術以来久し振りにレントゲンを撮って貰いました。


0226003.jpg


昨日からの不調の原因は・・先天性の脊椎の変形で、神経が刺激され・・おしっこやウンチの体勢は激痛が走る為出来ず、丸一日我慢してたみたいでした。

フレンチブルドッグの殆どが、脊椎に何らかの問題が有り、下半身不随になるコも居れば、全く痛みも出ないコも居るらしいです。

根本的な原因は、フレンチブルドッグを創り出した交配の歴史だったり・・文太の祖先からの遺伝だったりなのでしょうが、今後・・文太が歩けなくなる可能性もある・・・それはショックです。

取り敢えず・・鎮痛剤と抗炎症剤が一週間分処方され、一か月のお散歩禁止・・・だそうです。




この一週間・・フレンチブルドッグの背骨について、色々調べてみました。

これは大阪の獣医さんのHPから無断拝借した一文なのですが、尻尾から背骨の具合が見て取れる的な・・







0226004.jpg



「右巻きと左巻きがありますが、これは脊椎に異常があるためなのです。脊椎が半分作られずにきちんと出来上がったほうから異常のある方に曲がる。半側脊椎と言われています。
その困った脊椎の変形は尻尾だけでなく、頸椎から腰椎の間はどこにでも発生します。その中でも断然多いのがフレンチブルドッグの胸椎変形。形成不全(きちんと形が出来上がっていないこと)です。これが原因で、神経を圧迫し、痛みが起こります。そして震えて動けない。脚の動きがおかしくなる。突然麻痺になるなどの症状が発生します」

色々と調べた中には、文太と同じ位の月齢で・・突然歩けなくなったフレンチブルドッグの飼い主さんが、

先天性なのだから、引き渡し前にちゃんとレントゲンを撮らなかったブリーダーに責任が有る・・・みたいなモノ言いの方も見かけました。



私が思うに、フレンチブルドッグの90パーセント以上に多かれ少なかれ脊椎の問題が在るのならば・・

それは、ダックスの胴が長い様に、チワワの頭蓋骨が軟らかい様に、セントバーナードがデカイ様に・・

フレンチブルドッグの背骨って、他の犬種とは違う・・って事で良いとは思いませんか?

今回・・文太が突然痛い思いをする事に成ったのは、山で騒いじゃったからかも知れないし、椅子から飛び降りたり、フローリングの床を走り回ったり、抱っこをせがんで後ろ足で立ったままジャンプしたり、色々な事の積み重ねかも知れない。

飼い主が気をつけて、余り過度な運動を避ければ良かったのかも知れない・・。






0226002.jpg



今現在・・文太は以前と何も変わらず元気に過ごして居ます。

薬が効いてるのか・・良く眠るし良く食べてます。

一か月のお散歩禁止・・人間で言えば・・半年間の謹慎処分みたいな感じでしょうか(笑)

二歳を前に・・脊椎の不具合は見付かりましたが・・これから痛みが再発するか・・全く痛まないかは判断出来ないそうです。


一ヶ月後・・脊椎を守る筋トレを心掛けるのが正しいのか・・

文太ジャンプも山登りも禁止して、無理をさせないのが正しいのか・・わかりませんが・・


文太が楽しい遊びをして・・それがオーバーワークに成った時・・又文太が痛い思いをしないと良いな・・・

今はそんな祈りにも似た気持ちの飼い主です。


先ずは、来月二十日まで・・・しばらくはインドア文太のオタクブログにお付き合い下さい。

全ての文太のお友達が・・・突然の痛みに襲われません様に!!









★ブログランキングに参加しています。
↓ここ「ひろば」をポチッとお願いします^00^
フレンチブルドッグひろば





スポンサーサイト

● COMMENT ●

たまふく母さん・・元気イッパイの文太なので、突然の不調に驚きましたが、多かれ少なかれみんなも同じ様な症状が有るのだと分かり、安心とは違いますが・・飼い主も落ち着きました。

今朝の文太は六時前から寝室を駆け回り、外を走れないストレスを発散してました(笑)


何も無いのが理想ですが・・・下半身不随だけは避けたい・・そんな思いです。

雪解けを待ちながら、また文太が飛べるのを楽しみにしたいと思います。

文太君御心配でしたね・・
お薬が効いて1ヶ月の安静で良くなります様に。。

実は、ふくちゃんも去年の秋口・・10月頃に同じように
後ろ足がふるえ、病院に診てもらいました。
ふくちゃんもレントゲンと触診の結果脊椎の何番目かの間が
狭い所がありその部分の炎症と言う事でした。
お薬の服用としばらくの安静であっという間に良くなりましたが
いまだに心配です!

文太君しばらくの安静頑張ってね!
1日も早く大好きなお散歩に行ける事を心より願っています。。
たまふくの元気玉も飛ばしておくね^^

ゆっこさん・・・どんぐり君の今までに比べたら、文太は全く心配の無い子でした。

内臓疾患と違い、生まれつきの骨格なら仕方有りません。

文太だから大丈夫!それ以外に信じる根拠は有りません。

大きく成ったどんぐり君と、イッパイ走り回るのを楽しみにしてます。

文太は今日も・・・ササミを三本焼いて食べました(笑)

そろそろ・・・熱燗とかイキそうです。

チランチャ姉貴・・・大嫌いなシャンプーの後、文太は洗面台の前の足拭きマットにオシッコしました。

それから具合が悪く成り、24時間オシッコをしませんでした。

今は、薬でのどが渇くのか・・・いつもの倍の水を飲み・・・いっぱいオシッコしてます。


生まれつきの骨格なら、そのまま元気で居て貰うしか有りません。

頑丈な骨太文太を信じてますから大丈夫ですよ!

コタママさん・・今の文太は全然元気で、薬で胃袋が荒れないか心配な位です。


フレブルの宿命なら、きっと文太は大丈夫です!


取り敢えず・・・除雪の疲れを癒す一カ月にします。

はなパパさん・・生後六カ月で撮影したレントゲンでは、未だ成長しますよ・・としか言われませんでした。

はなちゃんも、成長が止まってからの健康診断をお勧めします。


そしてもし、脊椎に異常が有っても・・・みんなそうだと思って下さい。


文太は、絶対・・・満開のサクラの下で・・・飛びますから楽しみにしてて下さい!

あんなに元気いっぱいだった文ちゃんが、突然そんな症状が出てしまうなんて、パパさん・ママさん本当に戸惑うし、心配という言葉だけじゃ言い表せないと思います。
痛み止めが効いて、そのまま症状が落ち着いていきますように。。
家に迎え入れる前から少し覚悟はしていても、実際に症状がでたらどうしたらいいのか分からなくなりそうです。。

今、元気に見えるのがせめてもの救いですね。
いつものパパさんの明るさで、文ちゃんの症状も跳ね返せますように。良くなるように祈っています。

Bekoさん・・全く病気も怪我も無かったので、まさか・・・でした。

鎮痛剤も、去勢手術でタマタマを取った時でさえ次の日飲んで終了でした。

そんな文太がオシッコの体勢さえ取れないほど背中が痛かったとは・・・。


今回も通院した次の日には部屋中を走り回って居ます。

このまま・・・大事には至らない事を祈って居ます。

文太、今は落ち着いていますか?とても心配しています。
いつも雪山を駆け回って元気いっぱいの文太だったので…トイレ、行けなかったときのことを考えると…胸が痛くなってきます。。。つらかったね、文太。。。今は安静に療養とのことですが、絶対文太なら元気になれると信じていますので、パパもママも気をしっかり持ってくださいね。

文太パパさま ママさま

文太君の体が、一日も早くもどに
戻りますよに。
これ以上の痛みが、二度と文太君を
襲いませんように。

ただただ、祈ります。

コタロウがもし同じ症状になったら
遊び大好きなブヒに、散歩を諦めさせるか、
考えて考えても、答えはでません。

なので私は文太君がまた元気に
走れるように、毎日願います

大変な事になっていたんですね。
文太も心配ですが、文太パパ、ママさんの気持ちを考えると言葉がでません。
ただただ、鎮痛剤が効いて今後痛みが出てこない事を祈るばかりです。

最初にお友達になってくれた文太君。 心配でなりません。
今は安静に春を待ちましょう。 文太君 応援してるぞ。

こんにちは。
ウチも、軟口蓋手術の予備検査でレントゲンを撮ったときに、脊椎の11、12番目が融合してて、13番目にキズがあることがわかりました。
それが、将来どういう影響があるのかは聞きそびれました(軟口蓋切除でアタマいっぱいだったので‥^_^;)
フレブルはほとんどが奇形だと以前から聞いていたので、足腰に負担がかからないように気をつけてはいました。
床にカーペット、ジャンプさせない、階段昇降を極力避けるくらいですが‥。
適度な山歩きで筋肉つけるのはいい事だと思うけどなぁ。

文太君、痛みがとれてよかったね。
でも、そしたらムチャしがちなんですよねぇ。
とにかく当分は安静ですね、文太君 頑張れ~。

BOBの相棒さん・・自宅で突然元気が無くなったので、外科的な事とは想像もしませんでした。

トイレに行かないのはお腹の具合・・と思って一晩過ごしました。

実際・・今後マヒしてしまう可能性が有るのは怖い事ですが、今回だけでこれからは痛まない可能性も有る訳で・・その可能性を信じたくなります。


先ずは一カ月自宅療養して・・暖かい公園で遊べるのを楽しみに、文太を看て居ようと思います。

ボブは、昨年末に突然後ろ脚に力が入らない感じになり、伏せ、座れ、ができず、
レントゲン撮影の結果、やはり脊椎に少々問題がある模様…という診断でしたが、
その時の異常は結局脊椎ではなく、前日の登山で融雪剤を舐めたために軽い麻痺が
起こったらしい、という結論に達しましたが、脊椎に問題があることにかわりは
ありません。

私もボブが一歩も歩けなくなる、と思ったとたん頭の中が真っ白になりました。
文太パパも今は心配で胸が張り裂けそうになっておられると思います。専門家でもなく
なんの知識もない素人飼い主なので、有益なアドバイスを差し上げられなことがとても
心苦しいのですが、文太も今現在が元気ならば、この状態が1日でも長く続くことを
祈りつつ、できる範囲で毎日を楽しく過ごしてください。

頑張れ文太、ずーっと文太のことを応援しているからね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bunta0630.blog.fc2.com/tb.php/151-ac9797e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ひたすら寝るのだ! «  | BLOG TOP |  » 冷やし肉球・・

プロフィール

bunta69

Author:bunta69
2011年6月30日 長崎県雲仙市生まれの四歳児「文太」の日常を、セレブ感ゼロの庶民派「パパとママ」が綴ります。

甘えん坊だけど暴れん坊・・平和主義の熱血漢・・マッチョで小顔のイケメン文太の大冒険をお楽しみ下さい。

飼い主共々友達募集中(笑)福島県郡山市在住です。

ひろばランキング一位を目指して・・頑張ります!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (351)

Fブル文太のBlog

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。